サラリーマンの副業としての不動産投資

毎月の給料以外に安定した副収入があればと誰もが一度は考えたことがあるかと思います。その中のひとつが、不動産投資です。

不動産投資とは所有者自身が住むために購入するのではなく、第3者にその不動産を貸し出して収入を得るための物件です。分譲賃貸マンション、駐車場などがこれにあたります。自身は働かずに不動産に働いてもらうといった、いわゆる不労収入を得ることが目的になります。

「サラリーマン大家」という言葉も一世風靡しましたが、株式、FXのような上がったり、下がったりというリスクが少ないのが魅力です。株式での副業は常に株価をチェックする必要があり、FXはハイリスク、ハイリターンで本業に支障をきたしかねません。

不動産投資でしたら株価のような大きな利益は期待出来ませんが、一定の安定した収入が見込めるのが特徴です。表面利回りを計算するとかなり大きな利益を得られそうで嬉しくなりますが、実際は修繕費、管理費等を差し引かなければならないので上手に考えて利益を得られるよう行うことが大切です。

現在は、副業として行い定年後の老後生活のために収入源を用意しておくという方もいらっしゃいます。誰もが憧れる不動産投資を一度じっくり検討してみるのも、安定した老後生活のためにもよいのかもしれません。